美肌効果

コレステロールが高めの方に

医療技術が進歩し、様々な病気に対する治療法が開発される中、それでもまだ人類の大きな脅威となっている病気といえば、殆どの人が癌だと答えるでしょう。
しかし、日本人の約4人に1人は、動脈硬化などの疾患を含む心血管系の疾患で亡くなっていることを知っていますか?
現在の日本における死亡原因を見ていくと、1位は癌、2位は心疾患、3位は肺炎、第4位は脳血管疾患と続いていきます。

実は、心疾患に分類される心筋梗塞や狭心症、脳血管疾患にあたる脳梗塞を合わせると、実に日本人の約4人に1人の死亡原因であるということが分かります。
それは、癌でなくなる人数とほぼ変わらないのです。
この心疾患の原因となるのが、動脈硬化を発端とした血液の循環停止です。

この大元となるのが、いかにも体に害を与えそうな名前のLDLコレステロール、通称悪玉コレステロールなのです。
このコレステロールは、必ずしも悪者ではなく、人間に必須の脂質の1つですが、増えすぎることで血管壁に張り付いて蓄積してしまい、動脈硬化の原因となります。
そんな動脈硬化は、動脈硬化が起こることに際しては、自覚症状がないことから、静かなる殺し屋、サイレン卜・キラーとも呼ばれています。

ある日突然、心臓に痛みを感じたり、意識を失うなどして、心筋梗塞や脳梗塞を起こして初めて自分が動脈硬化に気づくということも稀ではありません。
最悪の事態ではそのまま治療を受けることもなくそのまま亡くなってしまうという人も少なくないのです。
そのため、普段からコレステロール高めの人であれば、意識して抗酸化作用の強いものを摂ることをオススメします。

コレステロールが悪さをするのは、体内での活性酸素と結びつくからです。
そのため、その活性酸素を除去する抗酸化物質を摂取することが良いのです。
その方面で最近注目を浴びているのがごまに含まれるセサミンなのです。

▼セサミンに含まれている成分について詳しくはこちら


コレステロール値の減少に確実に貢献してくれるものとして、医学的にも立証されているので、一度検討してみてはいかがでしょう。
セサミンの効果的な摂取方法はこちらで紹介されています。

Copyright(C) 2013 若さや体の健康維持には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.